読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MELtingyou♥

夫の単身赴任、V6(特に岡田准一くん)、仕事やたまにイラスト、その他趣味についてテーマは広く浅く。とりあえず三日坊主にならないことを目標にしています。

岡田准一がわたしに与える影響

おんな城主 直虎を毎週楽しみにしています。

でも今日は直虎の話題には触れません。(笑)

 

いかに岡田准一がわたしに大きな影響を与えているか第一弾をお送りします。

 

わたしは歴史は全くわからないしどちらかというと苦手なタイプ。

そもそも大河ドラマを観るきっかけとなったのが2014年度の大河、軍師 官兵衛でした。

 

以前も少し触れたように、わたしはV6の岡田准一くんが好きです。かれこれ19年来のファン。

 

歴史好きでプロファイラーの司会まで務めた彼が大河ドラマに出ると聞いて最後までついていけるかかなり不安でしたが、観ないわけにはいかない!と岡田くんと共に大河デビューしたのでした。

 

話が逸れますが、わたしの夫は戦国時代専門の歴史オタク。わからないことは教えてもらい、それ以外のウンチクは右から左に流して(笑)、あっという間に1年間が経ったのでした。

 

戦国時代って、みんな名前が似ていて誰だかよくわからないし言葉も難しい。

だからあっという間ではあったけど、この時点ではまだ作品を楽しむまではいきませんでした。

 

官兵衛ではとにかくにっくき三成!!という気持ちと、岡田官兵衛の頑張りを温かく見守るに留まりまして。

そのあとの花燃ゆはお休み。

その翌年の真田丸は縁のある人物なので観始めたのですが、官兵衛のおかげで登場人物も歴史背景もなんとなくわかっていて、夫に自分の意見を交えて質問できるレベルにまでなりました。(笑)そんな自分に驚き!

 

真田丸石田三成は豊臣を守るために一生懸命なのに不器用で、愛すべき家臣じゃないか!!と感動。いつの間にかみっちゃんと呼ぶ間柄(?)にまでなりました。

夫は相変わらず「あ~そっちの説をやるのか」などとウンチクたれてましたが、大野さんのあまりの出来の良さに「今年は勝てるかもしれん」とまで言っていました。

 

三谷さんの作品の魅せ方やこだわりが随所に光っていて、かなりおもしろい!次が早く観たい!!とどんどん引き込まれていくわたし。

 

特に笑ったのはきりちゃんが信繁に「だからなんとか官兵衛に先越されるんですよ!」と言い放ったとき。

それ以外にも、前後の大河を思わせるような、見続けている人には思わずニヤリとしてしまうセリフが盛り込まれていましたね。

 

そんな矢先、今度は岡田くんが映画 関ヶ原石田三成を演じることに。

 

 

愛すべきみっちゃんを、愛すべき准ちゃんが演じるの??!!

 

 

そしてこの関ヶ原は歴史オタクの夫の愛読書だった司馬遼太郎の作品だとか。

だからもちろんわたしも夫も観たいと思えるし、夫婦の時間も増えますね!

 

官兵衛のときには兵庫県大河ドラマ館にも行ったし、地元の官兵衛展にも行きました。

こんなに岡田くんを見られる年は今までなかった!それに夫婦で共通の趣味ができ、更にいつの間にか歴史を楽しいと思えるようにまでなった。

 

好きこそものの上手なれと言いますが、まさにその通り。

 

今後のわたしのスキルアップ岡田准一にかかっている。と言っても過言ではありません。(笑)

 

だから岡田くんには今後も前を向いて頑張ってほしいと思う一ファンのわたしなのです。

 

次回は(いつになるかわかりませんが)、岡田准一のおかげで夫に出会えた馴れ初めに触れたいと思います♥

え?聞きたくないって?そんなこと聞こえません♥どうぞお楽しみに♥♥(笑)